このエントリーをはてなブックマークに追加

ウコンの力!がんを撃退:クルクミンの抗がん作用に期待!

ウコン

このブログや、もう一つのブログ(あきらめない!がんが自然に治る生き方)の方で再三ご紹介させてもらってきましたウコンの成分クルクンミンがニュースになっていました!

抗がん剤としてクルクミンの有効性がさらに証明されたニュースです。

以下、読売新聞(2017年07月26日)から抜粋します。

カレーの香辛料ターメリックとしても知られる「ウコン」の成分を利用し、がんの進行を大きく抑えることにマウスの実験で成功したとする研究結果を、京都大のチームがまとめた。

 抗がん作用は以前から知られていたが、効果を強める方法を開発したという。新たながん治療薬の開発が期待される成果で、神戸市で開かれる日本臨床腫瘍学会で27日発表する。

 この成分は「クルクミン」と呼ばれ、大腸がんや膵臓すいぞうがんの患者に服用してもらう臨床試験が国内外で行われている。ただ、有効成分の大半が排せつされるため血液中の濃度が高まらず、効果があまり出ないという課題があった。

 チームの掛谷秀昭教授(天然物化学)らは、排せつされにくく、体内で有効成分に変わるクルクミンの化合物を合成有効成分の血中濃度を従来の約1000倍に高めることに成功した。人の大腸がんを移植したマウス8匹に注射したところ、3週間後の腫瘍の大きさが、治療しない同数のマウスの半分以下に抑えられた。目立った副作用も確認されなかった。

 掛谷教授は「安全性が高く、既存の抗がん剤と遜色ない効果も期待できる」とし、京大発のベンチャー企業と組んで抗がん剤としての開発を目指す方針。

 柴田浩行・秋田大教授(臨床腫瘍学)の話「これまで難しかった血中濃度を高め、効果を示したのは画期的な成果だ。今後は、注射で投与する方法の安全性を検証する必要がある」



なんと、体内で有効成分に変わるクルクミンの化合物を開発し、血中濃度を1000倍にまで高めることに成功したそうです。
またウコンの成分なので、他の抗癌剤と違って、副作用の心配はなさそうです。

早く、抗がん剤としてがん患者さんのもとに届くといいですね!

クルクミンの抗がん作用に関する過去のブログ記事をまとめておきます。
よろしければご覧ください!

■ 【医師監修】発がん、転移を抑えるウコン(クルクミン)の抗がん作用

■ 強力な抗癌作用を持つウコンの成分テトラヒドロクルクミンとは?

■ クルクミンは膵臓がん(膵癌)の転移を抑える:間質(かんしつ)細胞を標的にした新たな抗癌作用

■ クルクミンが癌に効く新たなメカニズムを発見!制御性T細胞を介したがん免疫調整作用

■ 二日酔いだけじゃない! がんに効くサプリメント ウコン(クルクミン)



いつも応援ありがとうございます。

更新のはげみになりますので、
「読んでよかった」と思われたら
クリックをお願いします!
   ↓


人気ブログランキングへ


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐藤 典宏(さとう のりひろ)

Author:佐藤 典宏(さとう のりひろ)
みなさん、こんにちは!
北九州の大学病院で消化器外科医として働いています。
がん患者さんにとって、少しでも役に立ち、またはげみになる情報をお伝えできればと、ブログを開設しました!よかったら、こちらのサイトもどうぞ↓↓↓

あきらめない!がんが自然に治る生き方
ブログランキング参加しています!応援よろしくお願いします_(._.)_


医師 ブログランキングへ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク