FC2ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん闘病中の患者さんへ!「治るという前提でがんになった」から学ぶべきこと

がんは情報戦

IT関連会社の社長である高山知朗さんがつづった、2度のがんを克服した闘病記、「治るという前提でがんになった」を読みました。
この本は、単なるがん患者さんの闘病記にとどまらず、「がんを克服するためのノウハウや心構え」がつまった貴重な本だと思いました。



高山さんは、40歳で脳腫瘍を告知され、42歳のときに白血病を告知されます。

5年生存率は、脳腫瘍では25%、白血病では40%であり、2つをかけ合わせるとわずか10%となります。つまり、10人に1人しか生き延びられないことになります。

しかし高山さんは、この2回のがんを、手術、放射線治療、抗がん剤治療で乗り越えます。

本書に記された高山さんががんを克服した方法を読み、奇跡ではなく、必然だと感じました。
そして、他のがん患者さんにも参考になると思いました。

以下、いくつかの学ぶべきポイントを挙げていきます。

1.ベストの治療を求め、必死に情報収集をする


まずは、インターネットで自分の病気と治療法について徹底的に調べます。
さらに、医師の幼なじみに相談します。
そして、最終的には自分自身でベストの病院を選び、治療を受けることを決意します。
病院選びには患者数(手術件数)の多さが参考になるということも述べています。
「がん治療は情報戦」であり、正しい情報を得ることが最も大事であることを教えてくれます。

2.信頼できる主治医を探す


情報をもとに病院を変更し、信頼できる主治医に巡り会うことができます。
がんを克服するためには、主治医との信頼関係は最も重要なことのひとつです。

3.生きる目標を定める


「娘の成人まで、あと19年は必ず生きる」と決意します。
がんの治療では、生きる目標や死ねない理由が大切です。    

4.治療法について納得がいくまで議論する


白血病に対して抗がん剤治療を受ける際、自分でもネットで海外の学術論文などを調べ、少しでも生存率の高い治療法について担当医と議論します。
そして、納得がいくまで調べ尽くした上で、治療法を選択します。
また、抗がん剤治療中は、「がんが消える」というイメージを持ちながら受けたといいます。
「治療はおまかせ」、ではなく、自分で納得がいく治療を、ポジティブなイメージを持ち続けながら受けることが重要だということを改めて感じます。

5.「治るという前提でがんになった」という気持ち


がんになり、偶然とは思えない幸運に巡り会えたことより、治るという前提でがんになったのではないか、と考えるようになったそうです。
さらに、がんになって「人間は1人で生きているわけではない、人に生かされている」、ということが初めて分ったことから、「がんになって本当によかった」とさえ思うようになったとのことです。

がんになったこと、がんが治ること、すべてを運命として受け入れる気持ちが大切であることがわかります。



いつも応援ありがとうございます。

更新のはげみになりますので、
「読んでよかった」と思われたら
クリックをお願いします!
   ↓


人気ブログランキングへ


関連記事

コメント

お読みいただきありがとうございました

私の本をお読みくださってありがとうございました。この本が多くの患者さんの手元に届き、多少でもお役に立てばと願っています。

Re: お読みいただきありがとうございました

コメントありがとうございます。
そして、貴重な本の執筆、ありがとうございます。
ご自身のプライベートな体験をつつみ隠さず公開された勇気に感謝します。
私のへたくそな書評では伝えきれませんが、多くのがん患者さんの役に立つと同時に、勇気を与えてくれる本だと思いました!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐藤 典宏(さとう のりひろ)

Author:佐藤 典宏(さとう のりひろ)
みなさん、こんにちは!
北九州の大学病院で消化器外科医として働いています。
がん患者さんにとって、少しでも役に立ち、またはげみになる情報をお伝えできればと、ブログを開設しました!よかったら、こちらのサイトもどうぞ↓↓↓

あきらめない!がんが自然に治る生き方
ブログランキング参加しています!応援よろしくお願いします_(._.)_


医師 ブログランキングへ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。