このエントリーをはてなブックマークに追加

二日酔いだけじゃない! がんに効くサプリメント ウコン(クルクミン)

ウコンの花

ウコンはご存じの通り、二日酔い予防のサプリや健康食品として宣伝されてますね。
ただ、ウコンとがんとの関係についてはご存じない方も多いと思います。

そこで、今回はウコンのがんに対する効果についてお話しします。

ウコンとは、紀元前からインドで栽培されているショウガ科ウコン属の多年草です。
スパイス(ターメリック)としてカレーなどの料理に使われたり、
またインドの伝統医学アーユルヴェーダにも使われているそうです。
昔から健康にいいことはわかっていたんですね。

国立健康・栄養研究所のデータベースによると、ウコンは人の消化器・肝臓系の症状や肝機能を改善するとされています。

一方で、ウコンにはがんを予防したり、がんの進行を抑える、いわゆる抗がん効果もあるようです。

ウコンの成分であるクルクミンのがんに対する研究結果をまとめてみます。

クルクミンのがんに対する効果


ウコン写真

クルクミンの抗がん作用に関する研究は昔から非常にたくさんあります。
まずは癌細胞における実験、動物を使った実験、さらには人での臨床実験までありますので、順番に紹介していきます。

1. がん細胞に対する効果


クルクミンによるがん抑制効果は多くの細胞実験で示されています。

実際に、クルクミンは様々な種類のがん細胞(大腸がん、胃がん、乳がん、肺がん、膵がん、脳腫瘍(グリオブラストーマ)、甲状腺がん、膀胱がん、前立腺がん、子宮がん、卵巣がん)に対して、増殖、遊走(ゆうそう=がんの動き)、浸潤(しんじゅん)、転移などを抑制したと報告されています。


2. 動物実験でのデータ


クルクミンとDHA(ドコサヘキサエン酸)の同時投与により、マウスにおける膵臓がんの増殖を70%以上も抑制したという報告があります(1)。

またマウスにおける実験で、クルクミンは胃がんに対する化学療法(5-FUとオキザリプラチンによるFOLFOX治療)の効果を高めたと報告されています(2)。

3. クルクミンががんを抑えるメカニズム


がんを抑制するクルクミンの作用には、以下のメカニズムが報告されています。

■ 抗酸化・抗炎症作用:がんの発生・進行の原因となる酵素であるiNOS(inducible nitric oxide synthase)、シクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)、5-LOX(5-lipoxinase)などを減少
■ 細胞増殖シグナル( NF-kB活性、ERK1/2など)を阻害
■ 細胞死(アポトーシス)の導入
■ 血管新生(がんの成長に不可欠な、新たな血管を引き寄せる作用)の阻害
■ がん幹細胞(がんの中でもとくに薬が効きにくい細胞)を特異的に攻撃する作用


4. 人におけるクルクミンの臨床試験


これらの細胞や動物実験でのデータをふまえ、じっさいに人のがんに効くかどうかを調べている研究があります。

大腸がんの発がん抑制

米国イリノイ大学のキャロルらは、クルクミンの経口摂取が大腸の前がん病変と考えられている異常陰窩巣(Aberrant crypt foci:ACF)に与える影響を臨床試験で調査しています(3)。

この試験によると、1日4グラム(1ヶ月間)のクルクミン摂取により、大腸の前がん病変(ACF)の数が、40%減ったとのことです(下の図)。  

クルクミンによるACFの減少

この結果より、クルクミンには大腸がんを予防する可能性があると結論づけています。

進行膵がんに対する臨床試験

がん患者さんを対象とした臨床試験では、膵がんを対象としたものがあります。

進行膵がんの患者に対するクルクミン単独(1日8g)による第二相臨床試験が米国で行われており、肝臓の転移病変が著明に縮小した症例が報告されています(下図)(4)。

クルクミンによる膵癌肝転移縮小


もう一つの臨床試験(第一相試験)では、大腸がんの肝転移患者さんに対して、クルクミンを抗がん剤治療(FOLFOX治療)と併用して投与しています(5)。

その結果、患者由来のがんによる動物実験(ex vivoモデル)では、クルクミンを抗がん剤に追加することで、増殖抑制の効果を高めることが分かりました。

また注目すべきは、クルクミン投与によりがん幹細胞のマーカー(ALDHとCD133)の発現が減少していたということです
これは、クルクミンが、抗がん剤耐性(抗がん剤が効かなくなること)の原因のひとつと考えられているがん幹細胞に対して特に効果が高い可能性を示しています。

5. クルクミンの副作用


最後に、クルクミンの副作用についてのデータです。

人における臨床試験では、1日2~8グラムまでのクルクミン摂取により、肝機能障害などの副作用はみられなかったとのことです。
ただ、一部の臨床試験では下痢といった軽度の消化管症状が6割程度の人にみられたとのことです。

長期に大量に摂取した場合などについてはデータがなく、まだ安全とは言えませんが、1日1グラム以下(一般的なサプリメントに含まれている量)程度であれば問題なさそうです。

ただし、肝機能障害がある場合はさらに悪化する可能性がありますので、主治医に相談した方がよいでしょう。

クルクミンよりも強力な抗がん作用をもつテトラヒドロクルクミン


テトラヒドロクルクミン

ウコンの成分であるクルクミンが体内に取り込まれると、消化酵素によってその還元体であるテトラヒドロクルクミン(テトラヒドロクルクミド)に変換され、消化管から吸収されることが分かっています。

このテトラヒドロクルクミンは空気中での酸化に対して非常に安定しており、クルクミンよりも強い抗酸化作用を持っています。

また、クルクミンが弱アルカリ性の条件下で速やかに分解されるのに対し、テトラヒドロクルクミンは酸性~アルカリ性にかかわらず安定であることが示されています。

要するに、テトラヒドロクルクミンは、クルクミンが腸から吸収されるときに変換される代謝物であり、クルクミンよりも安定で分解されにくい成分です。

テトラヒドロクルクミンによる大腸がんの予防効果

アゾキシメタン(発がん物質)によるマウスの大腸発がんモデルにおいて、クルクミンとテトラヒドロクルクミンの発がん予防効果を調べた研究です。
クルクミンとテトラヒドロクルクミンの両方とも、大腸がんの前がん病変である異常腺窩巣(aberrant crypt foci)およびポリープの発生を抑制しましたが、テトラヒドロクルクミンの方がクルクミンよりも抑制効果が高かったとの結果でした。

テトラヒドロクルクミンによる乳がん細胞の増殖抑制

テトラヒドロクルクミンは乳がん細胞(MCF-7)に対して強力な増殖抑制を示し、そのメカニズムとして、細胞周期停止、アポトーシス(プログラムされた細胞死)の増加がみられました。

テトラヒドロクルクミンによる子宮頸がんの抑制効果

マウスに子宮頸がん細胞を移植するモデルにおいて、30日間のテトラヒドロクルクミンの投与は腫瘍の増殖を70%以上も抑制しました。
また、テトラヒドロクルクミンの投与によって、腫瘍内の炎症や細胞増殖、血管新生を反映するマーカーである COX-2、EGFR、リン酸化ERK1&2、およびリン酸化AKTがすべて減少していました。

以上の結果をまとめると、テトラヒドロクルクミンは様々ながんに対して増殖抑制効果を示しており、その効果はクルクミンよりも高い可能性が示唆されています。

ただし、これらの実験は細胞および動物実験にとどまり、実際の人におけるがん抑制効果はまだ報告されていません。
しかしテトラヒドロクルクミンの強力な抗がん作用に注目があつまっており、近い将来、人を対象とした臨床試験が行われる可能性があります。

テトラヒドロクルクミンのおすすめサプリメント


クルクミン

クルクミンはがん患者さんにとって是非とも摂取したいサプリメントですが、じつは脂溶性物質(脂には溶けるが、水には溶けない)であるため、吸収率が非常に悪いことが問題でした。
つまり、通常のままではクルクミンを大量に摂取しても十分な血中濃度が得られないということです。

したがって、テトラヒドロクルクミドのほうが強い抗がん作用と高い吸収率が期待できるため、がん患者さんのサプリメントとして理想的です。

ウコンの中でもクルクミンを最も多く含む秋ウコンを原料とし、このテトラヒドロクルクミドを95%含有したサプリメントがこちらです!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

新素材テトラヒドロクルクミド配合のサプリメント白い秋ウコン!


この「白い秋ウコン」ですが、いくつかのおすすめポイントがあります。


■クルクミンより強力なテトラヒドロクルクミドを95%含有
■業界最高レベルの50mg(1粒あたり)のクルクミン含有量
■タブレットタイプ(レモン風味)で美味しく、しかも水なしで飲める(なので毎日続けられる)
■1日あたり91円と経済的!

これからの時期、二日酔い対策には欠かせないサプリメントですが、がんの予防や治療効果も期待できるおすすめの抗がんサプリメントです。


 

  
参考文献
1. Swamy M. V., Citineni B., Patlolla J. M., Mohammed A., Zhang Y., Rao C. V. Prevention and treatment of pancreatic cancer by curcumin in combination with omega-3 fatty acids. Nutr Cancer. 2008;60 Suppl 1:81-9.

2. Zhou X., Wang W., Li P., Zheng Z., Tu Y., Zhang Y., You T. Curcumin Enhances the Effects of 5-Fluorouracil and Oxaliplatin in Inducing Gastric Cancer Cell Apoptosis Both In Vitro and In Vivo. Oncol Res. 2016;23:29-34.

3. Carroll R. E., Benya R. V., Turgeon D. K., Vareed S., Neuman M., Rodriguez L., Kakarala M., Carpenter P. M., McLaren C., Meyskens F. L., Jr., Brenner D. E. Phase IIa clinical trial of curcumin for the prevention of colorectal neoplasia. Cancer Prev Res (Phila). 2011;4:354-64.

3. Carroll R. E., Benya R. V., Turgeon D. K., Vareed S., Neuman M., Rodriguez L., Kakarala M., Carpenter P. M., McLaren C., Meyskens F. L., Jr., Brenner D. E. Phase IIa clinical trial of curcumin for the prevention of colorectal neoplasia. Cancer Prev Res (Phila). 2011;4:354-64.

4. Dhillon N., Aggarwal B. B., Newman R. A., Wolff R. A., Kunnumakkara A. B., Abbruzzese J. L., Ng C. S., Badmaev V., Kurzrock R. Phase II trial of curcumin in patients with advanced pancreatic cancer. Clin Cancer Res. 2008;14:4491-9.

5. James M. I., Iwuji C., Irving G., Karmokar A., Higgins J. A., Griffin-Teal N., Thomas A., Greaves P., Cai H., Patel S. R., Morgan B., Dennison A., Metcalfe M., Garcea G., Lloyd D. M., Berry D. P., Steward W. P., Howells L. M., Brown K. Curcumin inhibits cancer stem cell phenotypes in ex vivo models of colorectal liver metastases, and is clinically safe and tolerable in combination with FOLFOX chemotherapy. Cancer Lett. 2015;364:135-41.

6. Shimatsu Akira, Kakeya Hideaki, Imaizumi Atsushi, Morimoto Tatsuya, Kanai Masashi, Maeda Seiji. Clinical Application of "Curcumin", a Multi-Functional Substance. Anti-Aging Medicine. 2012;9:75-83.

7. Kanai M., Otsuka Y., Otsuka K., Sato M., Nishimura T., Mori Y., Kawaguchi M., Hatano E., Kodama Y., Matsumoto S., Murakami Y., Imaizumi A., Chiba T., Nishihira J., Shibata H. A phase I study investigating the safety and pharmacokinetics of highly bioavailable curcumin (Theracurmin) in cancer patients. Cancer Chemother Pharmacol. 2013;71:1521-30.



いつも応援ありがとうございます。

更新のはげみになりますので、
「読んでよかった」と思われたら
クリックをお願いします!
   ↓


人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐藤 典宏(さとう のりひろ)

Author:佐藤 典宏(さとう のりひろ)
みなさん、こんにちは!
北九州の大学病院で消化器外科医として働いています。
がん患者さんにとって、少しでも役に立ち、またはげみになる情報をお伝えできればと、ブログを開設しました!よかったら、こちらのサイトもどうぞ↓↓↓

あきらめない!がんが自然に治る生き方
ブログランキング参加しています!応援よろしくお願いします_(._.)_


医師 ブログランキングへ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク