このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇気をもらえる闘病記シリーズ:「すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて」

がん克服への道のり

がんの闘病記には励まされます。

とくに、治らないといわれているステージ4のがんを克服した患者さんの場合はなおさらです。

そんな一冊が、「すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて」です。


すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて

著者の桃田清友さんは、2010年の8月にすい臓がんの肝転移、つまりステージ4(当時の分類でステージIVb)と診断されます。

すい臓がんの予後は非常に悪く、消化器がんのなかでも最悪です。
最新のデータでもすい臓がん全体の5年生存率は10%未満でした。
とくにステージ4になると、生存する可能性はほとんどありません。

桃田さんは、転移をともなうすい臓がんに対する標準的な治療である全身化学療法(抗がん剤)を受けることになります。

ところが、思いのほか抗がん剤治療(ジェムザールとティーエスワンの併用療法:GS療法)が効き、すい臓のがんが縮小し、また肝臓の転移が見えなくなったため、切除手術が可能となります。

手術は成功します。

しかし、その後ふたたび肝臓に転移が見つかります。

通常であれば切除の対象とはならないのですが、ここでも肝臓の転移を切除する手術にふみきります(最近では、オリゴメタといい、転移が少数に限られている場合には切除をすることで長期生存が得られる可能性もあるといわれています)。

術後経過中にさらなるがん(悪性黒色腫:皮膚がん)が見つかるのですが、こちらも切除します。

そして、その後は再発なく、なんとステージ4のすい臓がんの診断から5年間生存することができたのです

ステージ4のすい臓がんを克服することは統計上非常にまれです。

しかし、桃田さん自身が分析しているように、やはり理由があります。

その理由とは、

・末期と宣言されても痛みなどの症状がなく、精神的・体力的にダメージがなかったこと
・抗がん剤が自分に合ってたこと
・手術ができたこと
・再発後、4年が過ぎても再再発が起きてないこと
・楽天的な性格が、過酷な状態をプラス思考にかえて、前向きにいきていること



たしかに、たまたま幸運に恵まれたと考えることもできます。
いろいろな偶然が重なって、生存できたのかもしれません。

しかし、やはり絶望の淵にたたされても「生きようとする前向きな気持ち」が最も大切だと感じる闘病記です。




いつも応援ありがとうございます。

更新のはげみになりますので、
「読んでよかった」と思われたら
クリックをお願いします!
   ↓


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

がん闘病中の患者さんへ!「治るという前提でがんになった」から学ぶべきこと

がんは情報戦

IT関連会社の社長である高山知朗さんがつづった、2度のがんを克服した闘病記、「治るという前提でがんになった」を読みました。
この本は、単なるがん患者さんの闘病記にとどまらず、「がんを克服するためのノウハウや心構え」がつまった貴重な本だと思いました。



高山さんは、40歳で脳腫瘍を告知され、42歳のときに白血病を告知されます。

5年生存率は、脳腫瘍では25%、白血病では40%であり、2つをかけ合わせるとわずか10%となります。つまり、10人に1人しか生き延びられないことになります。

しかし高山さんは、この2回のがんを、手術、放射線治療、抗がん剤治療で乗り越えます。

本書に記された高山さんががんを克服した方法を読み、奇跡ではなく、必然だと感じました。
そして、他のがん患者さんにも参考になると思いました。

以下、いくつかの学ぶべきポイントを挙げていきます。

1.ベストの治療を求め、必死に情報収集をする


まずは、インターネットで自分の病気と治療法について徹底的に調べます。
さらに、医師の幼なじみに相談します。
そして、最終的には自分自身でベストの病院を選び、治療を受けることを決意します。
病院選びには患者数(手術件数)の多さが参考になるということも述べています。
「がん治療は情報戦」であり、正しい情報を得ることが最も大事であることを教えてくれます。

2.信頼できる主治医を探す


情報をもとに病院を変更し、信頼できる主治医に巡り会うことができます。
がんを克服するためには、主治医との信頼関係は最も重要なことのひとつです。

3.生きる目標を定める


「娘の成人まで、あと19年は必ず生きる」と決意します。
がんの治療では、生きる目標や死ねない理由が大切です。    

4.治療法について納得がいくまで議論する


白血病に対して抗がん剤治療を受ける際、自分でもネットで海外の学術論文などを調べ、少しでも生存率の高い治療法について担当医と議論します。
そして、納得がいくまで調べ尽くした上で、治療法を選択します。
また、抗がん剤治療中は、「がんが消える」というイメージを持ちながら受けたといいます。
「治療はおまかせ」、ではなく、自分で納得がいく治療を、ポジティブなイメージを持ち続けながら受けることが重要だということを改めて感じます。

5.「治るという前提でがんになった」という気持ち


がんになり、偶然とは思えない幸運に巡り会えたことより、治るという前提でがんになったのではないか、と考えるようになったそうです。
さらに、がんになって「人間は1人で生きているわけではない、人に生かされている」、ということが初めて分ったことから、「がんになって本当によかった」とさえ思うようになったとのことです。

がんになったこと、がんが治ること、すべてを運命として受け入れる気持ちが大切であることがわかります。



いつも応援ありがとうございます。

更新のはげみになりますので、
「読んでよかった」と思われたら
クリックをお願いします!
   ↓


人気ブログランキングへ


がんサバイバーの特徴:旅行を楽しむ

がんサバイバーと旅行

進行がんを克服した「がんサバイバー」には、いくつかの共通点があると感じています。

たとえば、旅行を楽しんでいる人が多いような気がします。

がんサバイバーBさんの場合


わたしが担当させて頂いている「がんサバイバー」の患者さんのお話しをします。

Bさん(70歳代、女性)は、胃がんの診断で、手術(胃全摘術)を行いました。

手術の結果、胃がんは漿膜(しょうまく)下層に達しており、進行がんでした。

術後は患者さんの希望もあり、抗がん剤は使わずに様子をみることにしました。
食後の気分不良やもたれ感、吐き気など、胃の切除後の特有の症状はありますが、現在まで3年半、再発なく元気で外来に通っておられます。

さて、Bさんですが、旅行が大好きで、毎週のように温泉地・観光地などを訪れています。
仲のよいお友達とバスツアーに参加するとのことで、「お友達とのお話や食事がとても楽しみ」とのことです。
ただ、どうしても旅先では食べ過ぎてしまい、あとで苦しい思いをすることがあります、とのことでした。

外来では、わたしが「今月はどこへお出かけになりました?」と聞くと、Bさんは「〇〇温泉へ行ってきました。いいところでしたよ。」と楽しそうにお答えになります。
また、「先生のおかげで、いろいろなところに行けるようになって本当に有り難いです」と、感謝のお言葉もいただきます。

がんになると、そもそも旅行など無理だろうと、あきらめる人が多いように思います。あるいは、家族が「何かあったらいけないから」と心配して、旅行に反対することも多いでしょう。

しかし、この患者さんをみていると、旅行に限らず自分が楽しいと思うことを思いっきりやることは、がんの治療にもいい影響をあたえるのだな、と思います。

もちろん時間的な余裕や体力的な問題で、遠くに出かけることは不可能な場合もあると思いますが、近場の日帰り旅行でもいいので、勇気を持ってチャレンジしてみましょう。きっと思っていたような不安は吹き飛んでしまうことでしょう!

旅行の効果として、がんであることを忘れる時間が増える、ストレスを減らすことができる、免疫力を高めることができる、次の旅行を目的にしてがん治療にポジティブになれる、といったがんの治療にとっていい影響がでるのではと思っています



いつも応援ありがとうございます。

更新のはげみになりますので、
「読んでよかった」と思われたら
クリックをお願いします!
   ↓


人気ブログランキングへ

がんサバイバーの特徴:趣味を楽しむ

進行がんを克服した「がんサバイバー」には、いくつかの共通点があると感じています。

たとえば、趣味を楽しんでいる人が多いような気がします。

今日は、わたしが担当させて頂いている「がんサバイバー」の患者さんのお話しをします。



Aさん(70歳代、男性)は、膵がんの診断で、わたしの外科にいらっしゃいました。
はっきりとした症状はありませんでしたが、たまたま検診で膵臓のかたまりを指摘されました。

検査の結果、明らかな転移はありませんでしたので、手術を行いました。

手術の結果、膵臓のがんは後腹膜(膵臓の背中がわ)にしみこんでおり、ステージは3(1から4)でした。
膵がんでは、術後多くの患者さんが2年以内に再発します。
ステージ3の場合、5年生存率はおよそ25%です。
つまり、75%の患者さんが5年以内に再発・転移で亡くなるのです。

多くの他の膵がん患者さんと同じように、Aさんにも抗がん剤による術後の補助治療を行いました。

抗がん剤の副作用などでたびたび入院されましたが、現在まで2年以上も再発の徴候はありません。まだ術後2年ですから、「がんサバイバー」とは言えないかも知れませんが・・・。

さて、Aさんですが、外来ではいつも趣味のマージャンの話で盛り上がります。

週に1回、おともだちと一日中マージャンに興じているそうです。

Aさんはマージャンが生きがいというほど大好きで、がんになってからもずっと続けておられます。

たとえ雨が降ろうと、雪が降ろうと、また抗がん剤治療中でも、マージャンだけは休みません。

外来ではいつも、ユーモアを交えて「今週は勝った」とか、「負けた」という話をしてくれます。

わたしはその話を毎週楽しみにしています。




がんになると、せっかく続けていた趣味をあきらめる人が多いように思います。

もちろん時間的な余裕や体力的な問題で、続けることが不可能になる場合もあると思いますが、大好きな趣味はできるだけ続けてください。

以前と変わらず趣味を楽しむことで、がんのことを悩む時間を減らすことができる、ストレスを減らすことができる、免疫力を高めることができる、がん治療にポジティブになれる、といったいい影響がでるのではと思っています。



いつも応援ありがとうございます。

更新のはげみになりますので、
「読んでよかった」と思われたら
クリックをお願いします!
   ↓


人気ブログランキングへ

プロフィール

佐藤 典宏(さとう のりひろ)

Author:佐藤 典宏(さとう のりひろ)
みなさん、こんにちは!
北九州の大学病院で消化器外科医として働いています。
がん患者さんにとって、少しでも役に立ち、またはげみになる情報をお伝えできればと、ブログを開設しました!よかったら、こちらのサイトもどうぞ↓↓↓

あきらめない!がんが自然に治る生き方
ブログランキング参加しています!応援よろしくお願いします_(._.)_


医師 ブログランキングへ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。