このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんに対する免疫チェックポイント阻害剤の適応拡大は?オプジーボとキイトルーダの最新情報

免疫チェックポイント阻害剤 

最近、オプジーボやキイトルーダをはじめとする免疫チェックポイント阻害剤の効果と安全性が認められ、さまざまながんに対して使用可能となってきました。

いくつかのがんでは、免疫チェックポイント阻害剤によって従来の抗がん剤治療よりも大幅に生存期間が延長する効果が示され、これまで打つ手のなかった進行がん患者さんにとって新たな希望となっています。

そこで、今回はこの免疫チェックポイント阻害剤の適応拡大の現状について紹介します。

がんに対する免疫チェックポイント阻害剤の適応拡大


免疫チェックポイント阻害剤とは?

免疫チェックポイント阻害剤とは、免疫細胞に対するブレーキ(免疫チェックポイント)を解除する薬剤のことです。

われわれの体には、もともとがん細胞を取りのぞく免疫監視(めんえきかんし)システムがそなわっています。そして、がん細胞を攻撃するのがNK細胞やT細胞といった免疫細胞なのです。

ただし、免疫細胞には、みさかいなく攻撃したり暴走しないように「一次休戦のスイッチ」である免疫チェックポイント機構というものがあるのです。この免疫チェックポイントのひとつが、免疫細胞が持っているPD-1という鍵穴と、がん細胞が持っているPD-L1およびPD-L2という鍵なのです。

がん細胞は、免疫細胞からの攻撃を逃れるために、PD-L1およびPD-L2というタンパク質(鍵)を出し、これが免疫細胞のPD-1(鍵穴)と結合すると、一次休戦のスイッチが入り、免疫細胞の働き(がん細胞に対する攻撃)が抑制されます。

抗PD-1抗体であるニボルマブ(オプジーボ)ペムブロリズマブ(キイトルーダ)は、簡単に言うとPD-1にふたをする薬であり、先回りしてこの免疫細胞のPD-1に結合することで、がん細胞が出すPD-L1、PD-L2との結合をじゃまします。

これにより、免疫細胞の一次休戦のスイッチを解除し、がんに対する攻撃を持続的に活性化することができると考えられています。

また、最近では抗PD-L1抗体であるアテゾリズマブも登場し、実際に非小細胞肺がんに対して申請中です。

ニボルマブ(オプジーボ)とペムブロリズマブ(キイトルーダ)の適応拡大

現時点(2017年5月)でのオプジーボとキイトルーダの適応承認および申請状況をまとめます。

オプジーボの適応疾患


オプジーボは、悪性黒色腫、非小細胞肺がん、腎細胞がん、ホジキンリンパ腫、および頭頸部がんに対する適応が承認されています。また、胃がんに対しては申請中です。

●悪性黒色腫(承認)
●非小細胞肺がん(承認)
●腎細胞がん(承認)
●ホジキンリンパ腫(承認)
●頭頸部がん(承認)
●胃がん(申請中)

キイトルーダの適応疾患


キイトルーダは、悪性黒色腫、非小細胞肺がんに対してすでに承認されており、ホジキンリンパ腫および尿路上皮がんに対しては申請中です。

●悪性黒色腫(承認)
●非小細胞肺がん(承認)
●ホジキンリンパ腫(申請中)
●尿路上皮がん(申請中)

また、オプジーボおよびキイトルーダは他のがんに対しても臨床試験でその有効性を評価中です。

今後さらに適応疾患(がんの種類)が増えることは確実です。

オプジーボとキイトルーダの適応拡大競争から目が離せません。


いつも応援ありがとうございます。
 更新のはげみになりますので、 「読んでよかった」と思われたら クリックをお願いします!   
 ↓
関連記事
スポンサーサイト

「あきらめない!がんが自然に治る生き方」の最初に読んでもらいたい5記事

770564233f6278fa496217c5dd08394f_s.jpg

私のもう一つのブログ、「あきらめない!がんが自然に治る生き方」に、最初に読んでいただきたい5記事を紹介しています。

すべてのがん患者さんへ、まず最初に読んでほしい5記事を紹介!

この記事では、がんを克服するうえで柱となる5つの項目(マインド、免疫力、食事、運動、サプリメント)から、最も重要なテーマを選んで紹介しています。

是非、こちらも読んでみてください。宜しくお願いします。



いつも応援ありがとうございます。

更新のはげみになりますので、
「読んでよかった」と思われたら
クリックをお願いします!
   ↓


人気ブログランキングへ
関連記事

「がんとともに、自分らしく生きる」の人間に基づく医療「HBM」に共感すること

がんとともに自分らしく生きる

虎ノ門病院の腫瘍内科医である高野利実先生の書著、「がんとともに、自分らしく生きる」を読みました。

エビデンスに基づいた医療、すなわちEBMが医療の主流となっている昨今、高野先生の推奨する「HBM(人間に基づく医療)」に大変共感を覚えました。

HBMの考え方は、「患者さん自身が主体となって、患者さん自身の想いに基づいて、患者さん自身が幸せを感じられるような医療」ということだそうで、エビデンスだけではなく、患者さんの価値観も考慮することが大切であることを強調しています。

とても大切なメッセージですので、みなさんに紹介します。

がんとともに、自分らしく生きる





本書では、東京・虎の門病院臨床腫瘍科で腫瘍内科医としてがんの治療にあたる高野先生が、がん治療に対する考え方を紹介しています。

なかでも「HBM」という概念をすすめ、患者さんの価値観を重視し、患者さんの生き方に寄り添う治療を行っています。

HBMというのは、EBM(エビデンスに基づく医療)をもじって私がつくった言葉で、「人間に基づく医療(Human-Based Medicine)」のことです。
EBMが、エビデンスに基づいて、「最大多数の最大幸福」をめざすのに対して、HBMは、「人間」に基づいて、「一人ひとりの、その人なりの幸せ」をめざします。



今はやりの言葉で言えば、まさに「患者さんファースト」のがん医療といえるでしょう。
我々がんの診療に携わる医療者にとって、ともすれば忘れてしまいがちですが、もっとも大事な考え方だと思います。

HBMを実践するために



患者さん自身がHBMを実践するための15箇条を挙げています。

1.医療は自分のものであると心得る
2.生老病死ときちんと向き合う
3.自分の想い、価値観や大事にしていることを医療者や家族に伝える
4.治療目標を明確にし、医療者や家族とも共有する
5.イメージに惑わされず、うまく情報の波に乗る
6.最低限のエビデンスとEBMのルールを知る
7.リスクとベネフィットのバランスを考える
8.自分にとってプラスとなる治療を受け、マイナスになる治療は受けない
9.医学の進歩と限界を知る
10.緩和ケアを積極的に活用する
11.医療者や家族とよく語り合う
12.しんどいときは、まわりに頼る
13.がんとうまく長くつきあう
14.希望を持って生きる
15.自分なりの幸せをめざす



ぜひ参考にしてみてください。

あなたのがんに対する医療を決めるのは、医者でもなく、家族でもなく、あなた自身です。

ですから、あなたが一番幸せになれる医療を一緒にめざしましょう!



いつも応援ありがとうございます。

更新のはげみになりますので、
「読んでよかった」と思われたら
クリックをお願いします!
   ↓


人気ブログランキングへ
関連記事

がん医療の本質とは?「がん治療革命」を読んで

がん医療の本質とは

現在のがん医療はエビデンスが優先され、臨床試験で少しでも長生きすることや、腫瘍が縮小することが治療の成功とされます。
しかし、本当にそれが患者さんの幸せにつながるかどうかは疑問です。
たとえ腫瘍が縮小し、数ヶ月間長生きできたとしても、きつい副作用によって生活の質(QOL)が損なわれるようであれば、意味がないのではないでしょうか?
現在の医療は本当に患者さんのためになっているのでしょうか?

私の大学の恩師である森崎 隆先生の書著「がん治療革命」から、未来のがん医療のありかたについてのすばらしい意見を紹介します。

医師の考える医療の質と、患者が求める医療の質


森崎先生は、この本の中で、「未来のがん治療」について次のように述べています。

もし「生存期間X生活の質(QOL)」が計算できると仮定すれば、多くの人はこちらを評価してもらいたいはずです。

不快な症状の有無や程度、食事や排せつ、睡眠など、人間の基本的な機能や様々な不安もQOLと関連します。
また、幸福感など、よい意味でのQOLも評価せねばなりません。

完治の難しい患者さんの側からすれば、生存期間とがんの縮小の度合いだけを見るのではなく、QOLを考慮した治療の質の評価基準を検討してもらいたいはずです。

QOLは多少損なわれても、できるだけ長生きしたいという方、QOLを良好に保てれば延命期間は短くてもよい方、そういう多様性が求められるはずです。

医療が本当に患者の立場に立つものであれば、エビデンスも重要ですが、自分の人生をいかに送るか、そしていかに締めくくるかという様々な個人の考えも考慮した、多様な選択肢が必要と考えられます



全く同感です。

最先端の抗がん剤、分子標的薬、免疫療法・・・
医療は日々進歩し、確かに生存期間は延長していますが、はたして患者さんの幸福度はあがっているのでしょうか?

これからのがん医療は、がんの治療効果だけを追求するだけではなく、患者さんの人生観・価値観の多様性も大事にしていくべきだと思いました。


がん治療革命: 未来への提言



いつも応援ありがとうございます。

更新のはげみになりますので、
「読んでよかった」と思われたら
クリックをお願いします!
   ↓


人気ブログランキングへ
関連記事

膵臓がんの術後合併症について 「どんな合併症がありますか?」

膵臓がんの術後合併症

膵臓がんは予後が悪いがんの代表で、多くの場合、診断された時点で手術による切除ができないくらい進行しています。

しかし、およそ20%の患者さんでは、がんが膵臓内にとどまり、切除が可能である段階で発見されます。

手術によって完全にがんが除去された場合には根治(完全に治ること)の可能性があります。

しかし、膵臓がんの手術はからだに対する負担(侵襲)も大きく、術後に合併症がおこるリスクも高いため、慎重な術後経過の観察が必要です。

膵臓がんの術後合併症


膵臓がんの術後には、いろいろな合併症がおこる可能性があります。

その多くは適切な処置で回復しますが、なかには命をおびやかすような重大な事態を引き起こすものや、ひとたびおこったら致命的となるものもあります。

以下、膵臓がんの手術後に比較的多くみられる合併症について説明します。

■出血


どんな手術でも、術中や術後出血のリスクはありますが、膵臓がんの手術では大きな血管を処理することが多いため、他の手術と比べても出血のリスクが高くなります。

少ないですが、術後に腹腔内や消化管内に出血し、緊急の血管造影による止血や再手術が必要となる可能性もあります。

■膵液ろう


膵臓を切った端(または残った膵臓の表面)から膵液がもれるという合併症です。膵臓の機能の一つは、消化液(膵液)をつくり、腸の中に流すことです。
膵臓は全体で消化液をつくりますので、膵臓の表面がちょっとでも破れたり、膵臓を切ったりすると、どこからでも消化液がしみ出してきます。

膵頭十二指腸切除術(膵臓の頭の部分の切除)では約10~20%、膵体尾部切除(膵臓のしっぽの部分の切除)では20~30%におこると報告されています。

膵液は強力な消化液であるため、お腹の中にもれた場合にはまわりの組織や血管を消化してしまいます。
このため、溶けた組織に細菌が感染して腹腔内膿瘍という膿(うみ)のたまりができたり、動脈が破れて大出血がおきたりすることがあります。

このように、膵液ろうは時として命を脅かすことさえある大変危険な合併症です。

■縫合不全(ほうごうふぜん)


膵頭十二指腸切除術の場合、切除した後に、残った膵臓と腸(あるいは胃)をつなぐ以外に、胆管と腸、胃(あるいは十二指腸)と腸をつなぎます。
しかし、様々な原因でうまくつながらず、つなぎ目から胆汁(たんじゅう)や腸液がもれることがあり、これを縫合不全といいます。

糖尿病などの合併症のある患者さん、栄養状態の悪い患者さん、あるいはステロイドという薬を長期に内服している患者さんでは組織の治る力が弱く、縫合不全が多いと言われています。

■腸閉塞


膵臓の手術に限らず、お腹の手術のあとに腸が癒着(ゆちゃく)します。
特に、消化管の再建(つくりなおし)をした場合には、この癒着も強くおこります。
この癒着が原因で、腸がよじれたり、腸の通過が悪くなることがありますが、これを腸閉塞といいます。

腸閉塞は術後しばらく(数年後の場合もあります)たってからおこることもあるため、吐き気や便秘が続く場合には注意が必要です。

■糖尿病


膵臓を切除することで、膵臓の内分泌機能(インスリンなどのホルモンを分泌して血糖値をコントロールする機能)が低下することがあります。

このため、術後に糖尿病を発症したり、もともと糖尿病があった患者さんでは悪化したりすることがあります(膵臓の切除をした患者さんでも、糖尿病になる場合とならない場合があります)。

したがって、膵臓がんの術後には定期的に血糖値など糖尿病の検査を行う必要があります。

■栄養失調、体重減少


膵臓がんの術後には、食事の量が減ったり、消化吸収の障害がおこったりすることがあり、栄養失調(低タンパク血症や貧血)となる場合があります。
また、ほとんどの患者さんで体重が減ります。

この場合、少なくても栄養価が高く、消化の良い食べ物を食べたり、経管栄養剤(エンシュアHなど)にて栄養を補給したり、また消化酵素の内服薬によって対応します。
長期的には徐々に栄養失調は改善していくことがほとんどです。


以上が膵臓がんの手術後に比較的多くみられる合併症です。
これ以外にも肺炎、脳梗塞、肺梗塞、心筋梗塞など、致命的となる可能性のある合併症もあります。

膵臓がんの手術を受けられる患者さんは、これら合併症のリスクについて十分に外科の医師と話し合い、納得して手術をうけてください。



いつも応援ありがとうございます。

更新のはげみになりますので、
「読んでよかった」と思われたら
クリックをお願いします!
   ↓


人気ブログランキングへ

関連記事
プロフィール

佐藤 典宏(さとう のりひろ)

Author:佐藤 典宏(さとう のりひろ)
みなさん、こんにちは!
北九州の大学病院で消化器外科医として働いています。
がん患者さんにとって、少しでも役に立ち、またはげみになる情報をお伝えできればと、ブログを開設しました!よかったら、こちらのサイトもどうぞ↓↓↓

あきらめない!がんが自然に治る生き方
ブログランキング参加しています!応援よろしくお願いします_(._.)_


医師 ブログランキングへ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。