このエントリーをはてなブックマークに追加

勇気をもらえる闘病記シリーズ:「すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて」

がん克服への道のり

がんの闘病記には励まされます。

とくに、治らないといわれているステージ4のがんを克服した患者さんの場合はなおさらです。

そんな一冊が、「すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて」です。


すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて

著者の桃田清友さんは、2010年の8月にすい臓がんの肝転移、つまりステージ4(当時の分類でステージIVb)と診断されます。

すい臓がんの予後は非常に悪く、消化器がんのなかでも最悪です。
最新のデータでもすい臓がん全体の5年生存率は10%未満でした。
とくにステージ4になると、生存する可能性はほとんどありません。

桃田さんは、転移をともなうすい臓がんに対する標準的な治療である全身化学療法(抗がん剤)を受けることになります。

ところが、思いのほか抗がん剤治療(ジェムザールとティーエスワンの併用療法:GS療法)が効き、すい臓のがんが縮小し、また肝臓の転移が見えなくなったため、切除手術が可能となります。

手術は成功します。

しかし、その後ふたたび肝臓に転移が見つかります。

通常であれば切除の対象とはならないのですが、ここでも肝臓の転移を切除する手術にふみきります(最近では、オリゴメタといい、転移が少数に限られている場合には切除をすることで長期生存が得られる可能性もあるといわれています)。

術後経過中にさらなるがん(悪性黒色腫:皮膚がん)が見つかるのですが、こちらも切除します。

そして、その後は再発なく、なんとステージ4のすい臓がんの診断から5年間生存することができたのです

ステージ4のすい臓がんを克服することは統計上非常にまれです。

しかし、桃田さん自身が分析しているように、やはり理由があります。

その理由とは、

・末期と宣言されても痛みなどの症状がなく、精神的・体力的にダメージがなかったこと
・抗がん剤が自分に合ってたこと
・手術ができたこと
・再発後、4年が過ぎても再再発が起きてないこと
・楽天的な性格が、過酷な状態をプラス思考にかえて、前向きにいきていること



たしかに、たまたま幸運に恵まれたと考えることもできます。
いろいろな偶然が重なって、生存できたのかもしれません。

しかし、やはり絶望の淵にたたされても「生きようとする前向きな気持ち」が最も大切だと感じる闘病記です。




いつも応援ありがとうございます。

更新のはげみになりますので、
「読んでよかった」と思われたら
クリックをお願いします!
   ↓


人気ブログランキングへ
関連記事

ウコンの力!がんを撃退:クルクミンの抗がん作用に期待!

ウコン

このブログや、もう一つのブログ(あきらめない!がんが自然に治る生き方)の方で再三ご紹介させてもらってきましたウコンの成分クルクンミンがニュースになっていました!

抗がん剤としてクルクミンの有効性がさらに証明されたニュースです。

以下、読売新聞(2017年07月26日)から抜粋します。

カレーの香辛料ターメリックとしても知られる「ウコン」の成分を利用し、がんの進行を大きく抑えることにマウスの実験で成功したとする研究結果を、京都大のチームがまとめた。

 抗がん作用は以前から知られていたが、効果を強める方法を開発したという。新たながん治療薬の開発が期待される成果で、神戸市で開かれる日本臨床腫瘍学会で27日発表する。

 この成分は「クルクミン」と呼ばれ、大腸がんや膵臓すいぞうがんの患者に服用してもらう臨床試験が国内外で行われている。ただ、有効成分の大半が排せつされるため血液中の濃度が高まらず、効果があまり出ないという課題があった。

 チームの掛谷秀昭教授(天然物化学)らは、排せつされにくく、体内で有効成分に変わるクルクミンの化合物を合成有効成分の血中濃度を従来の約1000倍に高めることに成功した。人の大腸がんを移植したマウス8匹に注射したところ、3週間後の腫瘍の大きさが、治療しない同数のマウスの半分以下に抑えられた。目立った副作用も確認されなかった。

 掛谷教授は「安全性が高く、既存の抗がん剤と遜色ない効果も期待できる」とし、京大発のベンチャー企業と組んで抗がん剤としての開発を目指す方針。

 柴田浩行・秋田大教授(臨床腫瘍学)の話「これまで難しかった血中濃度を高め、効果を示したのは画期的な成果だ。今後は、注射で投与する方法の安全性を検証する必要がある」



なんと、体内で有効成分に変わるクルクミンの化合物を開発し、血中濃度を1000倍にまで高めることに成功したそうです。
またウコンの成分なので、他の抗癌剤と違って、副作用の心配はなさそうです。

早く、抗がん剤としてがん患者さんのもとに届くといいですね!

クルクミンの抗がん作用に関する過去のブログ記事をまとめておきます。
よろしければご覧ください!

■ 【医師監修】発がん、転移を抑えるウコン(クルクミン)の抗がん作用

■ 強力な抗癌作用を持つウコンの成分テトラヒドロクルクミンとは?

■ クルクミンは膵臓がん(膵癌)の転移を抑える:間質(かんしつ)細胞を標的にした新たな抗癌作用

■ クルクミンが癌に効く新たなメカニズムを発見!制御性T細胞を介したがん免疫調整作用

■ 二日酔いだけじゃない! がんに効くサプリメント ウコン(クルクミン)



いつも応援ありがとうございます。

更新のはげみになりますので、
「読んでよかった」と思われたら
クリックをお願いします!
   ↓


人気ブログランキングへ


関連記事

がんに対する免疫チェックポイント阻害剤の適応拡大は?オプジーボとキイトルーダの最新情報

免疫チェックポイント阻害剤 

最近、オプジーボやキイトルーダをはじめとする免疫チェックポイント阻害剤の効果と安全性が認められ、さまざまながんに対して使用可能となってきました。

いくつかのがんでは、免疫チェックポイント阻害剤によって従来の抗がん剤治療よりも大幅に生存期間が延長する効果が示され、これまで打つ手のなかった進行がん患者さんにとって新たな希望となっています。

そこで、今回はこの免疫チェックポイント阻害剤の適応拡大の現状について紹介します。

がんに対する免疫チェックポイント阻害剤の適応拡大


免疫チェックポイント阻害剤とは?

免疫チェックポイント阻害剤とは、免疫細胞に対するブレーキ(免疫チェックポイント)を解除する薬剤のことです。

われわれの体には、もともとがん細胞を取りのぞく免疫監視(めんえきかんし)システムがそなわっています。そして、がん細胞を攻撃するのがNK細胞やT細胞といった免疫細胞なのです。

ただし、免疫細胞には、みさかいなく攻撃したり暴走しないように「一次休戦のスイッチ」である免疫チェックポイント機構というものがあるのです。この免疫チェックポイントのひとつが、免疫細胞が持っているPD-1という鍵穴と、がん細胞が持っているPD-L1およびPD-L2という鍵なのです。

がん細胞は、免疫細胞からの攻撃を逃れるために、PD-L1およびPD-L2というタンパク質(鍵)を出し、これが免疫細胞のPD-1(鍵穴)と結合すると、一次休戦のスイッチが入り、免疫細胞の働き(がん細胞に対する攻撃)が抑制されます。

抗PD-1抗体であるニボルマブ(オプジーボ)ペムブロリズマブ(キイトルーダ)は、簡単に言うとPD-1にふたをする薬であり、先回りしてこの免疫細胞のPD-1に結合することで、がん細胞が出すPD-L1、PD-L2との結合をじゃまします。

これにより、免疫細胞の一次休戦のスイッチを解除し、がんに対する攻撃を持続的に活性化することができると考えられています。

また、最近では抗PD-L1抗体であるアテゾリズマブも登場し、実際に非小細胞肺がんに対して申請中です。

ニボルマブ(オプジーボ)とペムブロリズマブ(キイトルーダ)の適応拡大

現時点(2017年5月)でのオプジーボとキイトルーダの適応承認および申請状況をまとめます。

オプジーボの適応疾患


オプジーボは、悪性黒色腫、非小細胞肺がん、腎細胞がん、ホジキンリンパ腫、および頭頸部がんに対する適応が承認されています。また、胃がんに対しては申請中です。

●悪性黒色腫(承認)
●非小細胞肺がん(承認)
●腎細胞がん(承認)
●ホジキンリンパ腫(承認)
●頭頸部がん(承認)
●胃がん(申請中)

キイトルーダの適応疾患


キイトルーダは、悪性黒色腫、非小細胞肺がんに対してすでに承認されており、ホジキンリンパ腫および尿路上皮がんに対しては申請中です。

●悪性黒色腫(承認)
●非小細胞肺がん(承認)
●ホジキンリンパ腫(申請中)
●尿路上皮がん(申請中)

また、オプジーボおよびキイトルーダは他のがんに対しても臨床試験でその有効性を評価中です。

今後さらに適応疾患(がんの種類)が増えることは確実です。

オプジーボとキイトルーダの適応拡大競争から目が離せません。


いつも応援ありがとうございます。
 更新のはげみになりますので、 「読んでよかった」と思われたら クリックをお願いします!   
 ↓
関連記事

「あきらめない!がんが自然に治る生き方」の最初に読んでもらいたい5記事

770564233f6278fa496217c5dd08394f_s.jpg

私のもう一つのブログ、「あきらめない!がんが自然に治る生き方」に、最初に読んでいただきたい5記事を紹介しています。

すべてのがん患者さんへ、まず最初に読んでほしい5記事を紹介!

この記事では、がんを克服するうえで柱となる5つの項目(マインド、免疫力、食事、運動、サプリメント)から、最も重要なテーマを選んで紹介しています。

是非、こちらも読んでみてください。宜しくお願いします。



いつも応援ありがとうございます。

更新のはげみになりますので、
「読んでよかった」と思われたら
クリックをお願いします!
   ↓


人気ブログランキングへ
関連記事

「がんとともに、自分らしく生きる」の人間に基づく医療「HBM」に共感すること

がんとともに自分らしく生きる

虎ノ門病院の腫瘍内科医である高野利実先生の書著、「がんとともに、自分らしく生きる」を読みました。

エビデンスに基づいた医療、すなわちEBMが医療の主流となっている昨今、高野先生の推奨する「HBM(人間に基づく医療)」に大変共感を覚えました。

HBMの考え方は、「患者さん自身が主体となって、患者さん自身の想いに基づいて、患者さん自身が幸せを感じられるような医療」ということだそうで、エビデンスだけではなく、患者さんの価値観も考慮することが大切であることを強調しています。

とても大切なメッセージですので、みなさんに紹介します。

がんとともに、自分らしく生きる





本書では、東京・虎の門病院臨床腫瘍科で腫瘍内科医としてがんの治療にあたる高野先生が、がん治療に対する考え方を紹介しています。

なかでも「HBM」という概念をすすめ、患者さんの価値観を重視し、患者さんの生き方に寄り添う治療を行っています。

HBMというのは、EBM(エビデンスに基づく医療)をもじって私がつくった言葉で、「人間に基づく医療(Human-Based Medicine)」のことです。
EBMが、エビデンスに基づいて、「最大多数の最大幸福」をめざすのに対して、HBMは、「人間」に基づいて、「一人ひとりの、その人なりの幸せ」をめざします。



今はやりの言葉で言えば、まさに「患者さんファースト」のがん医療といえるでしょう。
我々がんの診療に携わる医療者にとって、ともすれば忘れてしまいがちですが、もっとも大事な考え方だと思います。

HBMを実践するために



患者さん自身がHBMを実践するための15箇条を挙げています。

1.医療は自分のものであると心得る
2.生老病死ときちんと向き合う
3.自分の想い、価値観や大事にしていることを医療者や家族に伝える
4.治療目標を明確にし、医療者や家族とも共有する
5.イメージに惑わされず、うまく情報の波に乗る
6.最低限のエビデンスとEBMのルールを知る
7.リスクとベネフィットのバランスを考える
8.自分にとってプラスとなる治療を受け、マイナスになる治療は受けない
9.医学の進歩と限界を知る
10.緩和ケアを積極的に活用する
11.医療者や家族とよく語り合う
12.しんどいときは、まわりに頼る
13.がんとうまく長くつきあう
14.希望を持って生きる
15.自分なりの幸せをめざす



ぜひ参考にしてみてください。

あなたのがんに対する医療を決めるのは、医者でもなく、家族でもなく、あなた自身です。

ですから、あなたが一番幸せになれる医療を一緒にめざしましょう!



いつも応援ありがとうございます。

更新のはげみになりますので、
「読んでよかった」と思われたら
クリックをお願いします!
   ↓


人気ブログランキングへ
関連記事
プロフィール

佐藤 典宏(さとう のりひろ)

Author:佐藤 典宏(さとう のりひろ)
みなさん、こんにちは!
北九州の大学病院で消化器外科医として働いています。
がん患者さんにとって、少しでも役に立ち、またはげみになる情報をお伝えできればと、ブログを開設しました!よかったら、こちらのサイトもどうぞ↓↓↓

あきらめない!がんが自然に治る生き方
ブログランキング参加しています!応援よろしくお願いします_(._.)_


医師 ブログランキングへ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク